貸し会議室のレイアウトには、どんな形式があるのですか?会議の効率をアップさせよう!レイアウトは用途に合わせる。

貸し会議室は、講習会やセミナー、懇親会やパーティーなどさまざまな用途で使われます。例えば、講習会で利用するのならスクール形式、入社式で利用するのならシアター形式のレイアウトが適していると言われています。そこで、レイアウト別にどんな用途が適しているのかを紹介します。

【レイアウトの種類】
・スクール形式。
学校の教室のように、すべての机と椅子が前を向いているもの。指導者や発表者は、参加者全体を見渡しながら話をすることができます。新人研修やセミナー、資格検定試験などに適しています。反対に、みんなで意見交換をしたり、グループ活動をしたりといった用途には向きません。

・シアター形式。
スクール形式と同じように、すべてが前を向いているもの。ですが、シアター形式の場合は椅子があっても机はありません。そのため、机を設置しないぶん収容人数を増やすことができます。映画上映会や演奏会、入社式など、筆記を必要としないイベントに適しています。

・アイランド形式。
学校で昼食を食べるときのように、いくつかのグループ席を設置するもの。ちょうど島のように見えることから、アイランド(島)形式と呼ばれます。各グループ席の人数は3人から6人程度が一般的。グループごとに話し合いをしたり、作業をするときなどに適しています。

・「ロ」の字形式。
名前の通り、ロの字型になるように机と椅子を配置するもの。参加者がお互いに顔を見ることができるうえ、意見交換がしやすい距離感になっています。重役会議など改まった会議で使われることが多い形式です。

・「コ」の字形式。
「ロ」の字形式から、一辺をなくしたもの。なくなった部分には、プロジェクターやホワイトボードなどが設置されます。参加者の視線が発表者に向かいやすい配置なので、プレゼンや業務報告などに適しています。

・正餐(さん)形式。
丸い机をいくつか設置するもの。ビジネスではなく、披露宴やパーティーなどで利用される形式で、楽しくおしゃべりするのに適しています。